車によって違うところ

最近の車は色々と中の機能が違うので、
レンタカーや友達の車の運転をさせてもらうときなどに、
少し戸惑ったりすることがあります。
例えば、ハンドブレーキです。
私が昔乗っていた車は、ハンドブレーキというものは、
運転席の横についていたのですが、
今の車に買い変えてからは、足で踏むフットブレーキになりました。
横のハンドブレーキは上げるのが固かったりしたので、
足元のフットブレーキの方が楽にかけることが出来るので、
それは便利になったなぁと感じています。
他にも、ギアをチェンジするところが車によって様々なので、
違う車に乗ると中々すぐに慣れることが出来ません。
今までの家の車は、ずっとハンドブレーキがある所の前にギアをチェンジ出来る
ところがあったのですが、前に友達の車を運転した時は、
ギアチェンジがハンドルの横にあったので、驚きました。
今では、ハンドルの横についているのも普通になってきましたが、
家の車で慣れてきてしまったので、ハンドルの横にあることが
違和感で、じっくり見てギアチェンジしないといけないです。
ハンドルに近いほうが手が届きやすいし、やりやすいのかな?とも
思いますが、ハンドル操作をしている際に邪魔にもなりそうなので、
どっちがいいとも言えませんね。
これからもどんどん進化していくのでしょうね。

最近、若い人は車を持たなくなってきています。主に税金がかかってしまうことや、維持費、購入費用などお金の問題があるからでしょうか。また、都市部の人は自動車を必要としない人も多いようです。さらに、最近はエコや健康を意識してか、自転車や徒歩による通勤、公共交通機関を使うことを意識する方が多いようです。
しかしながら、今だからこそ車を持つことの楽しさも知ってほしいと思います。車を持つことは家を持つことと同じく、自分の好きな空間を作ることが出来る場所を持つことが出来るということなのです。車の大きさ、馬力、操作性、車体のデザイン、色、その他、自分の感性にあった車を運転することは、とても楽しいことです。
内装に関しては、インテリアのように考えると女性にとっても楽しく思われると思います。カー用品も最近では女性向けやファミリー向けのデザインのものも増えてきました。女性でまるで部屋のように車の内装を飾る方もいます。カーナビやカーラジオなど、まるで自室にいるようにくつろげる空間を作りあげる人もいます。
このように、車は運転する以外にも自分好みの空間を作り上げる魅力も持っています。確かに維持費や税金はかかりますが、それに見合う魅力を持ったものなのです。

関連おすすめサイト

バイク査定のことならここをチェックしよう|バイク査定ドットコム
車買取のことならお任せ:車査定情報サイト
自動車保険の比較をしたいならこちら:自動車保険の選び方
大型車の免許はこちらでどうぞ;免許Z

サブコンテンツ

このページの先頭へ